女の人

自分の魅力を最大限に引き出してくれるカラードレスを選ぶ

着こなしとアレンジ

笑顔のレディー

結婚式や披露宴は、祝いの席となる華やかな場になります。その為、着用するドレスも華やかな雰囲気が好まれます。ドレスの着こなしには一定のマナーも設けられています。それを知らずに着てしまうと、失礼になってしまうので注意が必要です。アレンジのきくブラックドレスを着用する女性も多いですが、身につける時は小物でメリハリをつけましょう。ボレロやショールを明るい色にすれば、会場にふさわしい雰囲気の着こなしになります。明るいドレスであっても、過度な露出は控えましょう。参加する披露宴の時間帯を確認して、コーディネートを考えることも大事です。もしも露出が多いと感じる様であれば、衣装を変更するか、小物でバランスを調整しましょう。

花嫁の色である白を披露宴で着用することは、一番避けなければならないマナーと言えます。白に近いベージュも着こなしには気をつけましょう。ショールやボレロに落ち着いた色味を合わせれば、全体の印象も綺麗にまとまるでしょう。最近では、スーツを着用して参加する方もいます。ビジネススーツと異なる、デザインスーツであれば華やかな場でも溶け込むでしょう。

披露宴当日まで時間がある様なら、コーディネートや髪型、メイクのパターンをいくつか考えておきましょう。特に、髪型のアレンジは時間も掛かるので、自分で行なうのか、美容室で行なうのか早めに決めておきましょう。美容室で予約するなら、スケジュール管理をしっかり行ないましょう。